小さい頃から、ずっと
ピアノを弾いてみたいと
思っていて、
30代、娘のピアノ先生の
勧めでレッスン開始!

ピアノが欲しと思ったら
ピアノが手に入り、
それも、運賃の負担だけ。

とってもラッキーな私。

 

 

あれから、20年。
一番初めの先生が天国に
旅立ってから、何人かの
先生に変わったけど、
なかなか良い先生が
見つからず、続かない( ; ; )

1年も同じ曲を練習して、
この曲は今日で最後!と
レッスンに意気込んで行った。

弾き終わった時、先生が、

「この小節の、このペダルの
踏み替えがちょと・・・」

と言った。

ということは、また来週も
この曲か(~_~;)

私の心は完全に凍りついた!

いったい、
「この小節の、このペダルの
踏み替えがちょと・・・」
これは、どう言うことなの?
何を求めているのか?

私はコンサートはやらない。
発表会にも出ない。
当然、プロにならない。
完璧は求めていない。
ひとりで、楽しみたい。

気楽さが大切!
自由も大切!
楽しみが大切!

だけど、
サポートも大切!
成長、学び、希望も大切!

怖くなくて、優しくて、
のんびり、私のペースで
レッスンしたいなぁー(^^;

と、思うわたし。

憧れのエリーゼのためにと、
渚のアデリーヌが弾けるように
なった時は感動した!

ハノン、ツェルニー、ブルグミュラー
一生懸命に練習した。

ソナチネアルバムが大好き!

いつか、ショパンが一曲でも
弾けますように・・・!

そのためには、
やっぱり、レッスン開始だよね(^^;;