いつもブログを見てくださり、
ありがとうございます(*^_^*)

清美のライフストーリー
今日から子ども時代のことを
書きたいと思います。(#^.^#)

 

 

神奈川県平塚市出身。
自営業の両親の長女として生まれる。
弟2人・妹一人の4人兄弟の長女。

父親がも〜、本当に嫌になるぐらい
外面が良すぎて、家の事は顧みない。

お酒は飲むし、ギャンブル好き、
人が良いから人はたくさん集まって来ます。

話はコロコロ変わるし、
話は盛るしで、信用出来ない父親。

父のお陰で、とにかくお金はない。
すごく貧しい生活をしていました。

母は、人一倍働く人。
お料理が得意で、何を作っても美味しい。
こだわりが強くて、こだわった物だけ購入。
当然ながら、駄菓子や飲料水、カップ麺、
即席ラーメン、お惣菜、そのほか、添加物が
入っている様なものは一切食べさせない、
という徹底振りでした。

2歳年下の弟はちょっと変わり者、
というか、かなり変わり者で、
今でもほとんど交流がないんです。

子もの頃はよくケンカをしていました。
弟が怖くて、やたらな事は言えません。

近寄るのも怖いぐらいでした。

4歳年下の妹は私とは性格も
体型も似ておらず、とても明るくて
社交的で友達がたくさんいます。

今でも、社交的なところは変わらず、
すごいな〜って思います。

7歳年下の弟は物静かで
あまりベラベラ喋らない子でした。
7歳も年下なので、弟の印象があまりなく、
私が社会人になってから、
数回お買い物に一緒に行って、好きなものや
洋服をプレゼントした記憶しかありません。

この様な家族環境の中で、
私は、なぜか、両親と兄弟に気を使い、
言いたいことも言えず、
みんなに合わせて生活をしていました。

それが、とても窮屈で、なんでこんなに
みんなに気を使っているんだろうと
ホトホト、嫌になってしまうほどでした。

いつも良い娘、良い姉って感じで、
近所のおばさんや親戚の人から
良い子だね〜、良い娘さんだね〜って
言われていました。

どこが良い子なんだろう?って
良い子じゃないんだけどな〜

なんだかな〜、気を遣ってばかりだな〜、
疲れるな〜、気持ちが休まらない無〜って
結婚して、家を離れるまでそんな感じで
過ごしていた気がします。

今日は、ここまで ヾ(≧▽≦)ノ

明日も私のライフストーリー
今日の続きを書きますね。

どうぞお楽しみに

それでは、また!

最後までお読み下さりありがとうございます(o^-‘)b

プロローグ←前のページ ■ 次のページ→子ども時代2