いつもブログを見てくださり、
ありがとうございます(*^_^*)

清美のライフストーリー、
今日は、中学生・剣道部でのこと。

 

 

 

↓昨日までの記事はこちら↓

*清美のライフストーリー・プロローグ
*清美のライフストーリー・子ども時代・1
*清美のライフストーリー・子ども時代・2
*清美のライフストーリー・子ども時代・3
*清美のライフストーリー・子ども時代・4
*清美のライフストーリー・子ども時代・5
*清美のライフストーリー・子ども時代・6

いやいや部活をやっているのに、
なぜか、試合も決勝戦まで勝ち進み
対戦相手は、私を誘った先輩。

私が負ける事は、誰もがわかる事なのに、
顧問の先生に試合の直前に呼び出され、
一言。

「お前、わかっているよな?」

と言った。|||||(´ω`;)|||||ガ—ン

ほんとうに、ほんとうに、ショック!

Σ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!

当然、あっさり負けて、
先輩と先生はとっても喜んでいるし、

私は、
私が負けるのは当たり前じゃん!って
思うし・・・・。

何よりもショックで悲しいのは、
信頼している先生に言われた、

「お前、わかっているよな?」

そんな事を言われて、
心はグサグサ、ボロボロ、
先生はなんでそんな事を言うんだろう?

なんとも表現できない気持ちでいっぱい。

泣きたくてもないちゃいけないって
涙が出そになったのを
一生懸命にこらえていました。

その試合の後も、試合には出たくない!
出たくないので、出なくちゃいけない。
試合に出ると、勝ってしまう(^^;;

勝つと、また試合に出なくちゃいけない。

とほほほ・・・・って感じ。

練習も厳しく、気持ちも沈み
とうとう、試合に出る前になると
お腹が痛い、頭が痛い、
試合には出ることができないと言う
症状が出てきてしまいました。

そうなると・・・・。
辞めることができる!と思ったのですが、

今日は、ここまで ヾ(≧▽≦)ノ

剣道部のお話、まだまだ続きます。

明日も私のライフストーリーを
どうぞお楽しみに!

それでは、また!

最後までお読み下さり
ありがとうございます(o^-‘)b