清美のライフストーリー・学校の先生と私10

清美のライフストーリ

いつもブログを見てくださり、
ありがとうございます(*^_^*)

清美のライフストーリー、
学校の先生との関わり、最終回です。

今日は高学生の時、英語の先生との事。
 

↓昨日までの記事はこちら↓
*清美のライフストーリー・子ども時代まとめ

清美のライフストーリー・学校の先生と私1
清美のライフストーリー・学校の先生と私2
*清美のライフストーリー・学校の先生と私3
*清美のライフストーリー・学校の先生と私4
*清美のライフストーリー・学校の先生と私5
*清美のライフストーリー・学校の先生と私6
*清美のライフストーリー・学校の先生と私7
*清美のライフストーリー・学校の先生と私8
*清美のライフストーリー・学校の先生と私9

男性30代〜40代ぐらいの英語の先生。

授業は生徒の方はほとんど見ず、
教科書を片手に持ち、黒板を見ながら
時折、額の汗を拭きながらボソボソと
小さな声で授業をする先生でした。

私は、教壇のすぐ前の席に座っていました。

ある日のこと・・・・。

その先生の授業中
ちょっとクラスの中がざわざわしていて、
私、ちょっとクスッって笑ったんです(^^;;

先生のことを笑ったつもりは全くないんです。

クスッって笑った瞬間
その先生が、私に近づいてきて、
いきなり手の持っていた教科書で
往復ビンタ!

えっ!
いったい、何が起きたのか、
痛いし、泣きたいし、
怒りはこみ上げてくるし、

当然、シーンと静まり返って
先生は、往復ビンタの後、
何事もなかったように授業を始めました( ;  ; )

多分、クスッと笑ったことが悪かったんですね。

でも、教科書で往復ビンタしなくてもいいじゃん!

授業中に笑うな!って言えば済むじゃん!って

いまだに思う私です(-。-;

この事件があったからなの?
これがきっかけだからなのか?

笑うことがちょっと苦手な私です(^^;;

今日は、ここまでヾ(≧▽≦)ノ

学校の先生との関わりのお話に長いこと
お付き合いくださってありがとうございます。

明日からは、
スピリチュアルと占い師に関するお話です。

どうぞお楽しみに!

それでは、また(^^)

最後までお読みくださいり
ありがとうとざいますm(_ _)m

 

関連記事

最近の記事

  1. 間違った決断などというものは存在しません・今日のあなたへメッセージ…

  2. あなたのビジョンに集中しましょう・今日のあなたへメッセージ

  3. 新しい状況を展開させましょう・今日のあなたへメッセージ