*清美のライフストーリー・学校の先生と私2

清美のライフストーリ

いつもブログを見てくださり、
ありがとうございます(*^_^*)

清美のライフストーリー、
学校の先生との関わりについてのお話です。

 

 

 

↓昨日までの記事はこちら↓

*清美のライフストーリー・プロローグ
*清美のライフストーリー・子ども時代・1
*清美のライフストーリー・子ども時代・2
*清美のライフストーリー・子ども時代・3
*清美のライフストーリー・子ども時代・4
*清美のライフストーリー・子ども時代・5
*清美のライフストーリー・子ども時代・6
*清美のライフストーリー・子ども時代・7
*清美のライフストーリー・子ども時代・8
*清美のライフストーリー・子ども時代・9
*清美のライフストーリー・子ども時代・10
*清美のライフストーリー・子ども時代・11
*清美のライフストーリー・子ども時代・12

 

清美のライフストーリー・学校の先生と私1

小学校5年生ぐらいの時だったかな?

この時の先生は、男性。

一見優しそうな感じの先生で

定年まであと数年って感じだったかな?

多分、理科の授業だったと思うけど、

カイコを飼育していました。

先生が休み時間にカイコに食べさせる
桑の葉を取ってきてくれと
突然私に言うではありませんか!
何で、私なの?
桑の葉なんてわからないし、
知らないし、と凍りつきました。
先生は簡単に桑の葉の説明をして、
見ればわかるから~って。
その時点で、泣きそうになる私。
授業が始まるまでに探して
戻ってこれるか、物凄く心配です。
それでも、早く行って来いと言うので、
仕方なく、教室を一人出て、桑の葉を
探しに行きました。
案の定、見つかりません。
わかりません。どこにいけばあるのか?
検討もつきません。
桑の葉なんて、本当に知らない、
でも見つけて持って帰るまで、
教室に戻れない!と思って、
途方にくれながら歩き回りました。
どれぐらい、探し歩いたか
きっとだいぶ時間が経っていて、
休み時間はとっくに終わって
いるだろうと言うことは
分かっていました。
桑の葉かどうなのか、
わからないけど、とりあえず、
これかな~って思う葉を持ち帰り、
教室に入ると、先生が私に
「何やってるんだ!
 何で、早く戻ってこないんだ!
 休み時間はとっくに終わっているだぞ!
 この葉は桑の葉じゃない!
 ないなら、さっさと戻って来ればいいんだ!」と
起こるんです。
も~、本当に嫌です。
桑の葉なんて、わからないし、
取って来いって言うから、
取って来ないうちは帰れないと思ったし、
だからと言って、先生に
「取って来いと言ったのは先生じゃん」
なんてこと、言える訳がありません。
他の生徒がいる前で
そんなことを言われて、
本当に悲しかったです。
今日は、ここまで ヾ(≧▽≦)ノ

明日も清美のライフストーリーを

どうぞお楽しみに!

それでは、また(^^)
最後までお読みくださいり
ありがとうとざいますm(_ _)m

学校の先生と私 1 ←前のページ ■ 次のページ→学校の先生と私 3

関連記事

最近の記事

  1. 誰だって不安を感じるものです・今日のあなたへメッセージ

  2. 言葉は現実を作り出します・今日のあなたへメッセージ

  3. ハッと気付く事があるでしょう・今日のあなたへメッセージ