清美のライフストーリー・学校の先生と私3

清美のライフストーリ

いつもブログを見てくださり、
ありがとうございます(*^_^*)

清美のライフストーリー、
学校の先生との関わりについてのお話です。

 

 

 

↓昨日までの記事はこちら↓

*清美のライフストーリー・プロローグ
*清美のライフストーリー・子ども時代・1
*清美のライフストーリー・子ども時代・2
*清美のライフストーリー・子ども時代・3
*清美のライフストーリー・子ども時代・4
*清美のライフストーリー・子ども時代・5
*清美のライフストーリー・子ども時代・6
*清美のライフストーリー・子ども時代・7
*清美のライフストーリー・子ども時代・8
*清美のライフストーリー・子ども時代・9
*清美のライフストーリー・子ども時代・10
*清美のライフストーリー・子ども時代・11
*清美のライフストーリー・子ども時代・12

清美のライフストーリー・学校の先生と私1
清美のライフストーリー・学校の先生と私2

小学校4年生か、3年生ぐらいの時だったかな?

この時の先生は、ピアノ教室の先生で男性。

家にピアノはなかったけど、

オルガンがありました。

友達がピアノを弾いていて、

とっても羨ましくて、

母にお願いをしてピアノ教室に

通わせてもらいました。

その教室では、ピアノを弾く前に
必ず先生の伴奏に合わせて
音階を歌う(?)練習をしていました。
ピアノのレッスンに通い始めて
2、3ヶ月経った頃、
私の次にレッスンを受ける
1歳年下の女の子が来ました。
そして、なぜか、先生は、
その女の子に私の前で音階を
歌う(?)練習をさせて、
私に言うのです(ーー;)
「この子のように音がちゃんと
 取れて上手に歌えればいいのに!」って
も~、本当に悲しかったです。
泣くのを我慢しました。
なんで、そうやって、他の子と
比べるんだろう~( ;  ; )
嫌だな~、悲しいな~。
その子がまた来たら
また比べられちゃうのかな?
そんなことを思うと、
大好きなピアノのレッスンだけど
行きたく無い!もう辞める!と言って
結局4ヶ月も通わずに呆気なく
辞めてしまいました。
本当に悲しい、残念。
ピアノ弾きたかったな~
ピアノ弾けるようになりたかったな~。
でも、あそこ教室は嫌だったんだよな~って
大人になっても、ず~っと引きずっていました。
そして、想いが叶って、ピアノのレッスンに
通い始めたのは、33歳ごろだったかな?
娘が通っている教室に私も通ったんです。
ず~っと、弾きたいと思っていた、
「エリーゼのために」が弾けるようになった時
ぴょんぴょん、とびはねるぐらい嬉しかったです。
今でも思うのは、
他の子と比べないで欲しかったな~。ってこと。
先生も人間だから、仕方ないのかな?

今日は、ここまでヾ(≧▽≦)ノ

明日も清美のライフストーリーを
どうぞお楽しみに!

それでは、また!
最後までお読み下さり
ありがとうございます(o^-‘)b

学校の先生と私 2 ←前のページ ■ 次のページ→学校の先生と私 4

関連記事

最近の記事

  1. 間違った決断などというものは存在しません・今日のあなたへメッセージ…

  2. あなたのビジョンに集中しましょう・今日のあなたへメッセージ

  3. 新しい状況を展開させましょう・今日のあなたへメッセージ